ホラッチョ ごめん寝速報

ホラッチョ ごめんちゃい

【エネ夫】震災時、産後で思いっきり走れない私が旦那に「この子を抱いて逃げて!」旦那「子供なんかより親が大事!」と私と赤ん坊を置き去りに→だが!近所のおばさんが・・

横山恋愛アカデミー WL-A170

   

359: ◆6xMHwDODoM 2011/12/11(日) 14:21:43.51 0
やっと親権も手に入り元義実家全員と縁が切れた記念に初書き込みです。 
私が嫁いだのは今回の震災で大被害のあった土地。私は関東出身で 
義実家は結婚に反対だったが、私があの土地でナースとして働きだしたら 
手のひらを返したように結婚を認めると上から目線で言って来た。 
その頃私はエネだったから、義実家が二世帯住居にするにあたり費用が 
足りないからと旦那がほぼ全費用ローンを組まされ義両親と義妹が 
一銭も出さないことを疑問に持たなかった。 
旦那の給料はほぼローンで消えるので私がナースとして夜勤ありのきつい 
仕事に転職することになった。 
そんなときに私の妊娠が分かった。おろせおろせと義実家はしつこく迫り 
私はこれだけは譲らない。産休が取れるから給料は少し減るけどその分 
貯金でまかなうと無理やり産んだ。女の子でごくつぶしを産んで役に立たないと 
全員に非難されて、これ以上逆らうなら離婚だと離婚届にサインさせられた。 
義両親が保証人になり、気に入らないことがあったら提出するからと言われた。 
旦那は空気で両親の言いなり。でも子供は可愛がってくれたからまだ我慢して 
いた。 
そんな時にあの震災。旦那は夜勤明けで家にいた。旦那は母屋にすぐ様子を 
見に行った。それから逃げろー逃げろ―の声で近所も逃げ出し始めていた。 
母屋に旦那を追っかけて自分は産後に思いっきり走れない。この子を抱いて 
逃げてと言ったら、旦那は「子供なんかより親が大事!女なんかいらん!」 
と義母と義父を連れて車で逃げた。私と赤ん坊はおいてきぼり。 
ぼーぜんとしていたら近所のおばさんが、こんな時は車より足!と言って高台の 
方に一緒に逃げてくれた。津波は私達が逃げた高台のすぐ下まで来た。 
あの恐怖はいまだにうなされるほどだ。 
続きを読む

続きを読む

 - 夫婦

×
クラビット点眼液