ホラッチョ ごめん寝速報

ホラッチョ ごめんちゃい

「○○しない方法」教えます!

横山恋愛アカデミー WL-A170

   


●「○○しない方法」その1:嫉妬しない方法

嫉妬する相手を排除するか、逆に取り込む。嫉妬の対象には会わない、視界にいれないという事をしましょう。

相手のどの部分に嫉妬しているのかをよく考えてみましょう。特に強く自分の心に『刺さっている』ポイントを考えてみて下さい。「トータルで考えたら別に羨ましくなかった」ということもありえます。

ネガティブな妄想をしない。嫉妬心の原因となるものに、 被害妄想や悲劇のヒロインになりたがる思考回路がある。 人間一度疑い始めるといつまで立っても疑心暗鬼の気持ちは晴れません。 症状が激しくなると強迫性障害のように、思い込みにより自分自身が追い詰められていきます。
悪い事を考えれば不快な気持ちになり、良い事を考えれば愉快な気持ちになる。 人間関係は鏡写し、ポジティブで楽観的な思考をしている天然系、癒し系の男女はモテます。 それは自分を信じてくれて身を任せても良いと思える安心感があるからです。

●「○○しない方法」その2:緊張しない方法

口癖を変える。緊張しがちな人は、無意識に『やばい』『どうしよう』などの言葉をつぶやいたり、頭の中で繰り返してしまいがちです。無意識の口癖を『最高だ』『いい感じ』などに切り替えるだけで、同じ興奮状態でも『緊張』ではなく『高揚』モードに切り替えることができます。

深呼吸+息をゆっくり吐く。筆者はまるで潜水しているかのように、1分や2分といった時間をかけて、少しづつ息を吐いたりしています。何より、静かに長く息を吐いているので、周囲に気づかれずにできるというのがいいところだと思います。

「適当」になる!まず、7割実力を発揮できたらOKかな!くらいの意識を持つのがおすすめですね(・∀・)
失敗したときのリスクって、実はそんな大きくない?別に死ぬわけじゃないし、この先いくらでもなんとかなります。というかホント、なる様にしかならない、って感じです。

向上心が強いからこそ出てくる思いです。「緊張する自分はダメだな・・」と思いながら取り組むのと、「緊張するということは向上心が強いからだな」と思いながら取り組むのとでは、必ずパフォーマンスに違いが出てきます。

●「○○しない方法」その3:イライラしない方法

セロトニンを分泌させる。イライラしているとき、脳内ではノルアドレナリンやアドレナリンが過剰な状態です。アドレナリンは「闘争」か「逃走」を行うためのホルモンです。平常モードに戻すためには、セロトニンというホルモンを増やさないといけません。セロトニンは落ち着きをもたらすホルモンです。
やり方は超簡単で、吐くときに数を数えるだけです。「いーち、(吸って)、にーー、(吸って)、さーん・・」このように1~10まで数えて、気分が落ち着くまで繰り返します。

他人を変えようとしない。残念ながら、あなたがどんなに努力しても他人を変えることはできません。他人を変えようとするのは無駄な努力なので、やめましょう。

相手に対する期待値を適切にする。相手にイライラしてしまうのは、あなたが相手に「こうして欲しい、このくらい出来るだろう」と考えていることを相手がしてくれないからですよね。それは、もしかしたら相手に対する期待値が高いのかもしれません。

怒らない人ほどすぐに行動する。不満に思うことがあればその場でハッキリ伝える、疲れていると感じればしっかり休む、一人で悩み続けるのではなく誰かにアドバイスを求める

●「○○しない方法」その4:くしゃみしない方法

鼻の下を強く押さえる。鼻の下に、人差し指と薬指を当て、強く押します。ちょうど、カトちゃんペをやる感じです。そうすることで、くしゃみをしようとする、神経の伝達をストップすることが出来ます。

舌で口の中の上部分(上あご)を押します。やり方のコツですが、思い切り歯を食いしばろうとしながらも、上下の歯が触れないように、舌を「突っ張り棒」にする感じです。

●「○○しない方法」その5:しゃっくりしない方法

1.両手の人差し指を、両耳に1本ずつ入れる
2.30秒~1分間、少し痛みを感じるくらいの強さで耳の奥をグイグイ押す
この方法はしゃっくりを止めるのに非常に効果があり、100人のうち70人のしゃっくりをピタッ!と止めることができました。

続きを読む

 - 未分類

×
クラビット点眼液