ホラッチョ ごめん寝速報

ホラッチョ ごめんちゃい

日本で年間6万人!?孤独死事故現場で困るのは死臭・・・【特殊清掃】

横山恋愛アカデミー WL-A170

   


年間6万人が孤独死

孤独死になるのは何も老人だけではありません。
誰になって可能性があります・・・。
特にこれから孤独死になる可能性が高くなる人々の独身率も重なって今後は何かしら対策を取っていかなくてはなりません。
すぐに見つかればいいものの、時間が経ってから無くなってしまうと死臭が取れなくなってしまいます。

普通に考えたら孤独死の大半は一人暮らしの高齢者と考えがちですが、うちの管理物件では高齢者の孤独死はめったにありません

自殺、病死とも年齢的には働き盛りの人が圧倒的に多いのです

高齢者の場合、訪問介護や民生委員などの訪問で孤独死を回避できているのかもしれません

明日、自分が絶対に死なないとは言い切れませんからね・・・

死臭がとにかくすごい!?

空気で一瞬にして広がっていくニオイ。
中でも死臭はとてつもなくにおうと言われています。
死臭+肉体が腐ったニオイとなると当然ですがファブリーズでは取れません。
両サイドの家、部屋などはこの死臭に悩まされてしまう事になってしまいます。

物凄い臭い(想像を絶しますよ)と、体液が染み込んだ布団

ウジハエが飛び回り、なんとも言えない空間です。

こんな状態の部屋に状況確認で入るだけでも気分を害されると思います。

しかし、大家の仕事はコノ状況から逃げることは出来ません。

遺族だけではなく、一番困るのが大家さん・・・。

死臭は人間の危険察知の本能に訴えかける強烈な臭いなので、普通の人にはとても耐えがたく、とてもその場所に長時間いられないような強い臭いになります。

身勝手な自殺により、アパートが受ける損失も大きい(発見が早かったのが、せめてもの救いでした)

どんなニオイなの?

病院に勤務している人など「あ、もうすぐ亡くなるな」と解るという人が居ますが、亡くなる前から甘いような独特な死臭がしてくるそうです。
それが肉体の腐敗と共に醸し出すハーモニーとして死臭は更に臭いをキツクしてしまいます・・・。

でも一番の原因は確実に人間の「本能」
自分と同じ人間の腐敗臭を嗅ぐことで、自己防衛本能というか、 生命維持の為に、
「こいつはヤバイ!」
と、脳が警告を出し、五感が極限にまで研ぎ澄まされ、結果的に強烈な拒絶反応みないなものもが発動します。
 
そういった様々な要素が複雑に絡み合って、あの想像を絶する臭いが発せられるのではないでしょうか?

一般的に動物の死体の腐敗臭は、嗅ぎ分けの訓練を受けていない人にとっては、どれも同じような悪臭としかとらえられないものらしいのだが、化学分析をすると、動物の腐敗臭は、それぞれ固有の臭い成分をもっていて、人間の腐敗臭にもっとも近い臭いをだすものが豚であることも判明している。

亡くなられた方が肥満体型であった場合、皮下脂肪が多いため、やはりご遺体の腐敗が早く進む傾向にございます。
ご遺体の腐敗の過程、またはその後に発される臭いはかなり強烈です。
普通の生ごみなどの腐敗臭よりも激しい、人間の感覚に強く訴えるのが、このご遺体の腐敗臭である死臭です。

内臓脂肪の量でもニオイが激しくなる・・・ってそこまで考えてから孤独死しないです!

孤独死事故現場の保険【大家さん必見!】

e-Net少額短期保険株式会社の賃貸住宅費用補償保険「Re-Room」や、アイアル少額短期保険株式会社の賃貸住宅管理費用保険「無縁社会のお守り」などは、主にこういった孤独死、孤立死が賃貸住宅の一室で起きた局面を想定して設計されています。

心当たりのある大家さんは孤独死事故現場となる前に是非加入しておきましょう。

発見が早ければそれほど死臭は残らない

孤独死事故現場でも布団位までのシミであれば遺品整理だけで済む場合もあります。
ちょっと時間を置くだけで値段も心理的負担も断然少なくて済みます。
日ごろから声を掛け合うなどして、できるだけ孤独死を防ぐようにしておきましょう。
遠方に暮らす場合だと、生存確認できるシステムを取り入れるのも。

片づけられないというレベルを超えた部屋を「セルフネグレクト」と言うらしい・・・。
ここまで来るとこれだけでニオイもすごそう><

遺された全ての物をご遺族または家主様・不動産会社様に代わって、仕分け分別させていただく事を 遺品整理 と言います。また、特殊清掃 に入るような現場では、ゴミ屋敷のような状態になっている部屋も珍しくなく、その中から遺品とゴミを仕分けるという事

明日、死んでもいいように家をキレイにしている人は【稀】ですよね。

死臭が残った孤独死事故現場では徹底消臭が必要

自分で考え付く程度のニオイ消しではまず無理!
特殊清掃によるニオイのプロにお任せしましょう。

なるべく早い時期での徹底的な清掃と消臭が必要になります。
こういった臭いのしみつきは、時間がたてばたつほど激しくなり、臭いについても強くなるため、放置していて状況が好転することはありません。

臭いものにふたをしても、特殊清掃でないと臭いは消えない・・・。

特殊清掃の人はどうやって消臭してるの?

消臭剤は専用の機械を活用して、ミスト状に噴射しながら室内に充満させていきます。1度ではなく、間隔を空けて繰り返されることになるでしょう。
その後、ダメ押しとしてオゾン脱臭機を併用する業者が多くなっています。オゾンには臭気物質を取り除く気体を消臭させる力があり、大変効果的なのです。

何度も消臭した上で専門的な機械が必要のようです。
でもやっぱり仕事とはいえきついですよね・・・ご苦労さまです。

何でその仕事しようと思ったの?

>>19 
最初はじいちゃんの孤独死で適当に清掃されてむかついたから。

もちろん志しが高い人も居ます。
もし自分が孤独死したらこういう人にやってもらいたい・・・

床に染みついた体液

続きを読む

 - 未分類

×
クラビット点眼液