ホラッチョ ごめん寝速報

ホラッチョ ごめんちゃい

空に浮かぶ雲は10種類に分類できる!

横山恋愛アカデミー WL-A170

   


雲とは・・・

微細な水滴(雲粒)または氷の結晶(氷晶)が集まって空気中に浮かんでいる状態

平均の雲粒の大きさは半径数μmから10μm程度であり,これらの落下速度は非常に小さいので,上昇気流のある空気中ではほとんど浮いている

1. 積雲

垂直に発達する雲で,その上面はドーム状に隆起しているが,雲底はほとんど水平

典型的な積雲は晴れた日の日中に発達するが,対流により朝現れて,夕刻に消えることが多い

2. 積乱雲

垂直に発達した雲。形は積雲に似ているが,雲塊がさらに垂直に著しく発達しており,山や塔の形をして立ち上がる

3. 層雲

霧が空に浮かんでいるように見える雲で、霧雲(きりぐも)とよばれることもある

4. 層積雲

団塊状または長い畝(うね)のように層状に集まった、灰色か白色の雲

曇(くもり)雲、畝(うね)雲、かさばり雲などとよばれることがある

5. 乱層雲

おもに氷晶,水滴,雪片からなり,暗灰色のほとんど一様な層状の雲

6. 高層雲

続きを読む

 - 未分類

×
クラビット点眼液